Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Showcase


Channel Catalog


older | 1 | .... | 1430 | 1431 | (Page 1432) | 1433 | 1434 | .... | 1455 | newer

    0 0

    “昔、日テレの「世界まる見え」で、インドで森で働く人が野生のトラに後ろから襲われるので、その対策として頭の後ろ側にお面をつけたら、襲われたのが側面からの1件に減ったという話を放映していた。”

    - 大型ネコ科の動物に背を向けるとどうなるのか?強烈な”だるまさんがころんだ”をされる : カラパイア (via netinago99)

    0 0





    buddy-berry:

    gifsboom:

    Clouded Leopard Cub. [video]

    The beans


    0 0
    0 0
    0 0
    0 0
    0 0

    a-zou:

    “ナショジオで見たアンティークガンショップの店主、珍品をそうと知らず持ち込んだ客に「幾らで売りたい? 200$? そんな値段じゃ買えないな! 0を一つ足して2000$でどうだ? どうしても200$がいいならその値段で買うが、それとは別に1800$払おう」とか言ってて【漢】を感じる。”

    蟹春雅暮 on Twitter (via igi)


    0 0

    “109 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(福岡県) :2008/09/17(水) 15:07:50.25 ID:xL+rPOOZ0
    親戚のおじいちゃんから
    「スマンがパソコンの調子が悪くての、ちょっと見てくれんかの?」
    って言われて、多少知識もあったから自信満々で「しょうがねえな〜」って言ったんだが おじいちゃん、Linuxで自宅サーバ設置っすか。 呆然とする俺を尻目にApacheのファイルを開いて俺に聞いてくるおじいちゃん。
    とりあえず「生姜買いに行かなきゃ」って逃げてきた”

    -

    Q:「OSなに?」 A:「えっとインターネットエキスプローラー?」 カナ速

    こんなおじいちゃんが欲しい

    (via ymrl)

    (via gkojax, ymrl-blog-blog)

    (via gkojax-text)


    0 0

    “立川談遊の名前もある山本晋也監督が“師匠”談志との思い出を語る。
    「僕が三十数年つきあった中で、ホメてくれたことは1度だけ。かつてハワイの真珠湾にご一緒した時、師匠は麦ワラ帽子に短パン、草履というスタイルで訪れたの。でも、周囲はみんなちゃんとした格好をしている。アメリカ軍の遺族たちが、墓参りしている。そこに日本人が観光気分であんな服でノコノコ行ったら『何だ、あのジャップのイエロー・モンキーは』という表情で僕と師匠を見ながら、『私たちはパールハーバーを忘れちゃいないわよ』みたいなことを言われた。そこで、師匠が僕のこと蹴飛ばして、『晋也、この野郎、何か言い返せ』。しょうがないから、思いついた言葉『ノーモア・ヒロシマ』ってでっかい声で言ったの。そうしたら、シーンとしちゃって。おばあちゃんが悲しい顔で『おー、お互いに不幸だったよね。戦争というのは』ってハグしてくれて。その直後に、師匠が初めて僕の肩を抱いてくれて、『おめー、アメ公にいいギャグ飛ばすじゃねぇか』って。今でも忘れられません」
     弟子に限らず、談志は、見どころのある人間には、手を差し伸べることも惜しまなかった。”

    -

    追悼立川談志「反骨の美学」と「喧嘩人生」(2) 「30年間で一度だけホメられた」 | アサ芸プラス (via wideangle)

    おめー、アメ公にいいギャグ飛ばすじゃねぇか

    (via

    slowleaner

    )


    0 0

    “昨年、海外旅行者が約1729万人と4年ぶりに減少したことを受け、業界幹部が「パソコン一つで世界中の情報が楽しめる。『頭の中の旅』が新鮮さを奪った」とトンチンカンな分析をしたところ、若者たちからは「金も時間もないから行けないんだよ!!」と猛反発が起きている。”

    -

    ZAKZAK: 若者の海外旅行離れ加速を業界幹部が「トンデモ分析」 (via tsupo) (via thomyou)

    あっははははhhこれ特ダネでもオープニングトークでやってたなぁ。実況民もすんごいバッカジャネーノって言っててワロタ。てゆーかどうしてもテレビとか偉い人?がいろんなことをネットのせいにしたいのは何でかなぁ。やっぱり楽だからかなぁ。

    (via

    saya

    ) (via

    plasticdreams

    ) (via

    reblrg

    )

    (via gkojax)

    (via gkojax-text)


    0 0

    “洗剤をのんだときいちばんいいのは、洗剤のメーカーに電話をかけることである。メーカーのほうが医者よりもたくさん事例にあたっているので、子どもの年齢とのんだ量から、救急病院にいくへきかそのままにしていいかを指示する。”

    - 333 事故をふせごう (via ikuji-no-hyakka) (via yuco) (via otsune) (via gkojax) (via gkojax-text)

    0 0

    petapeta:

    “26. 全力で名無しさん 2016年05月07日 21:42 水素水は、半導体とか液晶向けガラスパネルの洗浄水として利用される。水素の気泡が洗浄効果を持つからだ。 でも、気泡であれば別に水素で無くても良い。酸化作用が無い気体のうち、水に対するある程度の残存し (溶解度は極小だけど,微小な気泡としては結構安定に残る)かつ経済的に使えると言う理由で水素が選ばれていた。 さて、半導体メーカーや液晶メーカーがスランプに陥ると、必然的に工業用水素水発生装置が売れなくなるわけで、 それを作っているメーカーは新規需要を「発掘」しないといけない。最近水素水が流行っているのは半導体産業不振の裏返し。 実はこのパターンは前にもあった。ゲルマニウムベースの半導体がシリコンベースの半導体に取って代わられた時に 行き場を失ったゲルマニウムの結晶がブレスレットやらネックレスやらに加工されたのは皆さまのご存じの通り。”

    カルト的人気の水素水、東京工業大学の生協にまで蔓延 : 市況かぶ全力2階建 (via kei-s)


    0 0



    4gifs:

    Boxer dives into leaves to save his human. [video]


    0 0
  • 10/10/18--22:10: lawebloca:Sunday


  • lawebloca:

    Sunday


    0 0
    0 0

    親「働かずに喰う飯はうまいか」


    ニート「飯が舌の上でさらりと溶け、まろやかなコクと風味が俺の口の中でまるで協奏曲を奏でているようだ。更に毎日が休みだという心の余裕がこの料理の味を引き立てている」



    - Twitter / Seven_Stardust (via gkojax)

    0 0
  • 10/14/18--16:17: Photo







  • 0 0

    pizzahichew:

    “築地に関する、偏見と悪意に満ちたお話し。 ・30~40年ほど前に築地の改修計画が都が立案。 ・築地のお魚屋さん達の、工事内容も含めての合意をもらい、改修工事開始。 ・ところが始まった途端にお魚屋さん達より『魚にほこりがつく、すぐにやめろ!』との声。 ・東京都は『改修工事と方法についても貴方達の合意は、説明した上で得ている。それなのにやめろというのならば、やめることはできるが、一度執行した予算を停止した場合、二度と同じ内容での予算はでないが良いのか?二度と築地の改修予算は下りないですよ?』と確認をする ・それに対し、お魚屋さん側は『魚屋だと思って馬鹿にしてんのか!!とっととやめろぃ!』都のことなので、東京都は予算執行を停止、築地の改修は停止し、二度とできなくなるが、お魚さん達はそれを理解できず。 ・ほぼそれと同時期といっていい時期に、神田市場の移転計画が持ち上がる。 ・理由は設備の老朽化、手狭になった、近辺の渋滞解消のため。 ・とはいえ、移転先が大田という地の果てのため、結構な反対運動が起こるも、説得の上、移転は実施される。 ・ただし移転後の短期間、反対派の一部は神田市場跡地での取引を継続するも、その後、大田へ移転。 ・その神田市場の移転に際し、何故か中央市場(築地)のお魚屋さん達が『築地にいる八百屋達も出て行くから広くなるな』と、誰もそんなことはいっていないのに勝手に思い込み、後に『騙された』と騒ぐ。 ・その後、築地は改修されないまま使用され続け、流石に限界が近くなる。 ・築地のお魚屋さん達は都に『魚屋だと思って馬鹿にしてんのか、とっとと直せ!!』と迫るも、前回の改修中止の話しと書類をだされて、さんざんごねまくるが大敗北。 ・とはいえ、都としても設備が限界に達しているのは確かなので、折衷案として以下の提案をする。 『改修予算は絶対に出せない。寄付金というのも寄付金の使用先指定(築地改修のみ)は認められない、貴方達が勝手に工事をした場合は器物損壊です。なので、移転ならば予算は出せるというか出してもらえる。それならどうか?それ以外はならば自分たちで私設市場を設営してください』 ・お魚屋さん達は、移転先が現在より広ければという条件で快諾する。 ・都は、神田市場の移転の際のトラブルと、築地というブランドに配慮して、なるべく近距離での移転先として、お台場一帯の埋め立て地のどこかと考えるも、埋め立て地を管轄する港湾局より拒否される。 ・代わりに港湾局より、豊洲の東京ガス工場や造船所が廃止される予定があるとの情報を入手し、その付近に移転先の候補とする。 ・なので『豊洲ありき』というのは、本当ではないが間違いではない。 ・港湾局も、築地移転計画を自身の埋め立て地開発計画に組み込む。 ・港湾局の、築地移転計画組み込みの代表的な物としては、ゆりかもめの第二期ルート選定と『市場前駅』の設定。 ・移転先として、東京ガス工場跡地に決定する。 ・都が土地を調査すると、汚染物質が大量に地下水より検出されるも『地下水を使用しない(というかそもそも埋め立て地なのでできない)』、『表面をアスファルト等で舗装し、完全に封印する』ということで、国の喜寿運をクリヤーし、建設を決定する。 ・この時までお魚屋さん達は特に騒がず。 ・ところがこの頃から『自分たちも、都の予算でただで連れて行ってもらえる』と勝手に思い込んでいた、私有地で商売をしている場外の一部店舗が、(当たり前の話しですが)連れて行ってもらえないと知ると騒ぎはじめる。 ・市場内の、少数いた反対派と手を結びはじめる。 ・この頃(10~15年前)から地元区議員ラインを通じて、野党勢力と手を結び『チカスイガー』等の因縁付け戦術を開始し、本来なら必要ない盛り土予算がどんどん増えていき、増える度にその盛り土を要求した野党議員が更に増えた予算に対し因縁をつけるということを繰り返す。 ・要はまともにやっても勝てないし、そもそも築地内の大多数を占めていた移転賛成派、中立派に対し喧嘩を売ることになってしまうので、正面切った反対運動を展開できなかったため。 ・それでも都はめげずに移転計画を進め、建物設計を開始する。 ・そしてこの時点からも何度も実際の利用者であるお魚屋さんや八百屋さん達に意見を聞くが、お魚屋さん達は『こちとら忙しいんでい!適当にやってくんな!』という回答ばかりで話が進まず、致し方なく、大田を参考にしつつ、大規模調理設備という解釈で、給食センターをベースとした設計ではじめる。 ・この頃に、民主党に政権が代わり、建物建設や汚染部室に関する法律が緩い方向に変わったので、豊洲の建物設計を『税金を大事にするため』夜盗・・・もとい野党が喚くとおり、安くなる物に一部変更する。 ・そしてこの後に、おばさま知事が、自民党候補を破り誕生する。 ・当選したおばさま知事は、自分に敵対した自民党議員連に対する、ささやかな嫌がらせとして、自民党が推進していた(と、おばさまが思い込んでいた)豊洲市場の事を、本人としては石を投げた程度の軽い嫌がらせを実施する。 ・が、おばさまとしては、小さい石を投げたつもりだった物の、野党とそのお友達のコスゴミのせいで投げた物は実際には1トン爆弾級の威力となり、付近を吹き飛ばし、豊洲移転問題が突如として、大問題としてねつ造され、二進も三進もいかなくなる。 ・その威力の大きさから、自民党への嫌がらせいうこともあり、おばさまとしては退くこともできず、積極的反対派を装いながら、消極的移転推進派として行動するという支離滅裂な行動をとり続け、大き関連事業には反対しつつ、移転そのものは都職員に押しつけ推進し続ける。 ・更にこの頃から、賛成派が多かったはずの、マグロ系のお魚屋さん達が突如として反対派に廻り、条件闘争とは思えないほどの徹底的な反対闘争を開始する。 ・この辺から、オリンピック関係も含めて支離滅裂で、全体像が把握できなくなる。 ・マグロ系お魚さん達の突如として反対運動については、以下の説があります。 ●更なる利権獲得の条件闘争のつもりが、頭が悪いので、廻りから見ると徹底抗戦に見えた。 ●今更ながら『築地』と言う名前のブランド力に気がついた。 ●移転に伴い調査したのに発見出来なかった、埋没処分した筈の『PKM』に関して、当時の関係者がやらかしてしまっていたので、その露見をおそれての反対。 ●ただ単に、豊洲でもマグロ系お魚屋さん達が威張るためのポーズ。 そしてこの頃から、豊洲市場脇に建設する観光設備がらみでもトラブルw。 ・最初の温泉設備事業者が撤退した後、某三昧が介入し、温泉設備を作ると発表。 ・しかし、某三昧は『お台場にある温泉施設が邪魔。都の土地なのだから潰せ』と都に指示(要望?)。 ・それに対し都は『確かにそろそろ賃貸契約が切れる都有地であるが、民間事業者が運営し、契約延長を希望しているので、そんなことは不可能』と回答する。 ・が、某三昧の脳内では『都は土地の賃貸契約が切れたら温泉を追い出すと言った』と脳内変換する。 ・その後、某三昧は『都に騙された』とわめき散らし、観光施設から撤退する。 ・なお、場外の反対運動は、都が渋々彼らに対し、ある程度の優遇策を出した時点で、ほぼ終了。 ・逆に煽られた場内の方が振り上げた手を下げられない、条件闘争、マグロ系の意味不明な徹底抗戦等で反対し続けるハメになる。 だいたい、悪意と偏見に満ちた話しはこんな感じです。 八百屋さん・・・青果側については、私は情報は殆ど知り得ませんでしたが、ネット情報では、お魚屋さんと違って、スムーズに移動+設備も使いやすいようです。 もちろんお魚屋さん達も、良心的な方は沢山いて、移転推進派も沢山いたそうです。 ただ反対派は何かがあると『魚屋だと思って馬鹿にしているだろう!』と言いだし、理解を拒否したりしていたそうです。 というか、そもそもが一番金を持っていたマグロ系が移転推進派だったとのことですが・・・。”

    のらいぬさんのツイート: (via y-kasa)


    0 0

    “正式な表記は「宮」の「呂」の中間の線が入らない『明治神宫』”

    - 明治神宫 - Wikipedia (via bardiche-side-b) (via gkojax) (via yangoku) (via iyoupapa) (via kako) (via otsune)
    2009-06-29 (via gkojay) (via tkashiwagi) (via lovecake) (via gkojax) (via hkdmz) (via realedge)

    0 0

    “ヨーロッパに飢饉が広まったとき、何とかジャガイモを普及させようと取った策が、フランスは「昼間は畑を厳重に警備し、夜はわざと外すことで、宝物のように思わせ住民に盗ませて広める」だったのに対し、ドイツは「ジャガイモ食わないヤツの鼻と耳を削ぎ落とす!」なのがパワープレイ過ぎてIQ下がる”

    - Twitter / nizikawa (via re-nise3kawan)

older | 1 | .... | 1430 | 1431 | (Page 1432) | 1433 | 1434 | .... | 1455 | newer